北海道大學 東北大學 筑波大學 東京大學 早稲田大學 慶應義塾 東京工業大學 名古屋大學 京都大學 大阪大學 九州大學

サイト內検索


設立の趣旨

設立の趣旨の挿絵

 経済をはじめ社會のあらゆる領域で國際競爭が激化する中、新たな知識?技術を創造し、イノベーションを生み出していくことが、國家存亡の鍵を握っています。
 また、多くの先進國で少子?高齢化が進む中、國家の持続的発展を果たすためには、國內の優秀な人材を輩出するとともに、海外から優れた人材を積極的に獲得していくことが不可欠となっています。
 さらに、社會が急速に変化し、複雑化するとともに、地球溫暖化、資源不足など、人類未経験の課題が発生しており、その解決が急務となっています。
 このような観點から、國家の「知の源泉」、「知の拠點」として、大學の重要性が飛躍的に高まっています。とりわけ、最先端の知?多様な文化を生み出し、國內外の優秀な頭脳の集積地となり、イノベーションの創出や課題解決に貢獻する「研究大學」の役割が極めて重要です。
 最先端の知を基盤として激しい國際競爭を勝ち抜くとともに、豊かな學術?文化を通じて世界から尊敬を集める國家として発展していくためには、世界に冠たる研究大學群を持つことが不可欠です。また、トップレベルの研究大學群の発展を図ることは、人材供給や教育研究交流等を通じ、他の大學の振興にも資するものであり、高等教育全體、ひいては國力全體の底上げにつながるものです。
 このため、諸外國では、近年、國家戦略として、大學、科學技術?學術の振興に力を入れています。我々研究大學関係者は、先端研究や、外國人研究者?留學生といった人材獲得等の面で、歐米や中國、韓國、シンガポール等の研究大學と激しい競爭にさらされるとともに、その成長発展ぶりを肌で感じています。

 以上のような狀況認識の下、國家の成長発展の鍵を握る研究大學の充実強化策について議論し、大學相互の連攜を深めるために、學術研究懇談會(RU11)を設置するに至りました。

3d乒乓球