北海道大學 東北大學 筑波大學 東京大學 早稲田大學 慶應義塾 東京工業大學 名古屋大學 京都大學 大阪大學 九州大學

サイト內検索


RU11シンポジウム 東日本大震災:大學の責務と貢獻を考える

「東日本大震災:大學の責務と貢獻を考える」
日  時 平成23年9月11日(日) 13:30~17:00
場  所 東京大學 彌生講堂一條ホール
東京都文京區彌生1-1-1 東京大學農學部內
交通案內はこちら
主  催 學術研究懇談會(RU11)http://www.ejkgia.tw

1. 開催主旨

 平成23年3月11日の東日本大震災は、被害の規模が大きいだけでなく、社會に深く、そして長く、様々な影響を與えるものと思います。科學や技術へのある種の不信感など、大學における教育研究のあり方に対して多くの問題を提起しました。自然科學と人文?社會科學との統合化という課題が浮き彫りになると同時に、基礎研究の大切さがあらためて確認されました。この國難ともいえる狀況を克服するにあたって、「學」の責務は重いとともに、また期待も大きいものと思われます。半年が経過した今、今回の大震災を改めて振り返り、今後の學術の姿を、そして、大學が日本の復興に貢獻する姿を議論します。特に若手研究者の積極的な參加を期待しています。

2. プログラム

司會
吉川 潔(京都大學 理事?副學長)

開會あいさつ  

 
渡辺 芳人(名古屋大學 副総長)

來賓あいさつ

 
小野 元之(日本學術振興會 理事長)

-黙とう-

第一部 講演 (80分) 「第一線の研究者からの発信」

13:50~15:10
石原 あえか(慶應義塾大學 商學部 教授)
大井 貴史 (名古屋大學 大學院工學研究科 教授)
片桐 秀樹 (東北大學 大學院醫學系研究科 教授)
佐藤 薫  (東京大學 大學院理學系研究科 教授)
高橋 大介 (筑波大學 大學院システム情報工學研究科 準教授)
柳田 素子 (京都大學 次世代研究者育成センター 特定準教授)
湯淺 一哉 (早稲田大學 高等研究所 準教授)

(五十音順)
取りまとめ
沖 大幹  (東京大學 生産技術研究所 教授)

-休憩-

第二部 パネル討議 (85分)

15:30~16:55

コーディネーター
石井 紫郎(日本學術振興會學術システム研究センター 相談役)
パネリスト
濱田 純一(東京大學 総長)
濵口 道成(名古屋大學 総長)
松本 紘 (京都大學 総長)

閉會あいさつ

 
松本 洋一郎(東京大學 理事?副學長)

參加申し込み

こちらの「事前登録のお申し込み」ページからお申し込みください。
定員300名:定員に達し次第締め切ります

世話人

藤野 陽三(東京大學 大學院工學系研究科 教授)
植田 和弘(京都大學 大學院経済學研究科 教授)

お問い合わせ先

東京大學本部 研究推進部(氏次?近)03-5841-1386
京都大學本部 研究國際部(川口?上根)075-753-2041

事前登録のお申し込み

3d乒乓球